Category

業界ニュース

オフィスケイワン:橋梁CIMを提供・モデル作成費用削減

By | 業界ニュース | No Comments

オフィスケイワンは、国土交通省のCIM導入ガイドライン(案)のモデル詳細度300-400および3次元モデル表記標準(案)の上部工3DAモデルに対応可能な「橋梁CIMシステム」を2月から順次リリースする。橋梁CIMシステムの開発・販売・保守サービスの提供により、将来のBIM/CIM原則化に向けた建設コンサルタント、橋梁メーカーの取り組みをサポートしていく

フジタ、大和ハウスキッズウェイ:リアルタイムに状況共有・現場への移動時間削減

By | 業界ニュース | No Comments

フジタ、大和ハウス工業、キッズウェイ(愛知県瀬戸市、伴覚守社長)の3社は、クラウド型管理システム「CONNET(コネット)」を共同開発した。フジタが建設現場を始め、社内コミュニケーションツールとして先行導入しており、今後、大和ハウス工業でも導入を予定している。キッズウェイが20日から販売を開始した。
コネットは、アップルが提供するiOSと、グーグルが提供するアンドロイドを搭載したスマートフォンやタブレットに対応したアプリケーション。最大4人のビデオチャット機能を持ち、ユーザー同士が離れた場所にいてもリアルタイムに状況を共有できる。また、ホワイトボード機能では、撮影した写真に双方で書き込みをしながら通話ができるため、より正確な是正指示が可能となる。

ダイキン工業:3次元CAD-BIM対応を強化・電気設備図特化版も

By | 業界ニュース | No Comments

ダイキン工業は、BIM対応を強化した空調・給排水衛生・電気設備業者向け3次元設備CAD「FILDER CeeD」(フィルダーシード)を30日から発売する。電気設備図の作成に特化した電気設備業者向けCAD「FILDER CeeD 電気」も同時発売する。

NYKシステムズ:冷媒配管を自動接続・建築設備専用CADの最新版

By | 業界ニュース | No Comments

NYKシステムズ(東京都中央区)は17日、建築設備専用CAD『Rebro(レブロ)』の最新版となる『Rebro2020』をリリースした。新たに冷媒配管の「自動接続機能」を搭載したほか、電気設備の「盤管理機能」を強化するなど機能を拡張した。ユーザーの要望を反映し、設備技術者の業務効率化と生産性向上に貢献する。

キヤノン:高精細画像でひび割れ発見・12月下旬からサービス提供開始

By | 業界ニュース | No Comments

キヤノンは、2018年7月に開かれた「第10回インフラ検査・維持管理展」に東設土木コンサルタントと共同出展した高精細画像によるインフラ構造物の点検ソリューションを「インスペクションEYE for インフラ」として12月下旬から提供を開始し、インフラ構造物点検事業に参入する。

川田テクノと綜合システム:提携・土木でBIM-CIM推進・3D設計の共創目指す

By | 業界ニュース | No Comments

川田テクノシステム(東京都北区)と綜合システム(大阪市)は、土木構造物設計の3次元シミュレーション分野で業務提携した。土木設計分野におけるBIM/CIMを推進するため、包括的に事業協力する。初弾として、3次元設計CAD『V-nasClair』の土木構造分野を強化する『BOXカルバートの設計for V-nasClair』を綜合システムが開発する。
設計段階の3次元データ自動生成に強みのある川田テクノシステムの『V-nasClair』に、土木設計計算分野で高い実績を持つ綜合システムのコア技術を融合することで、より設計者が使いやすい3次元設計システムの共創を目指す。

SB C&Sホロラボ:BIMデータ可視化ソフト・iPad対応版を販売

By | 業界ニュース | No Comments

ソフトバンクグループの「SB C&S」とホロラボ(東京都品川区、中村薫代表取締役CEO)は、3DCADやBIMで作成した設計データを自動でAR(拡張現実)/MR(複合現実)に変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace」(ミクスペース)のiPad対応版を12月3日から販売する。

エーアンドエー:NEWS FLASH 企業動向・『Vectorworks2020』1月発売

By | 業界ニュース | No Comments

エーアンドエーは、CAD・BIMツールの最新版『Vectorworks2020』を2020年1月15日に発売する。設計やデザインの情報管理・表示機能を拡充し、プレゼンテーション機能を進化させる。BIM・建築・インテリア、造園、舞台照明など専門分野別に製品をラインアップし、設計のさらなる効率化を図る。