All Posts By

編集者bsj

BIMにおける国際的な「プロフェッショナル認定制度」の窓口となるトレーニングプロバイダーの募集を開始

By | 事務局より, 未分類, 業界ニュース | No Comments

一般社団法人buildingSMART Japan(以下bSJ、代表理事:山下純一)は、2017年よりbuildingSMART International(以下bSI)が実施している「プロフェッショナル認定制度」に基づくBIM個人資格認定試験(以下、認定試験)を日本で開始するのに先立ちまして、オープンBIMに対するトレーニングと認定試験の窓口となるトレーニングプロバイダー(以下プロバイダー)を募集します。

近年、世界中でBIMの採用が加速していますが、基本的な概念、用語やプロセスの定義には未だ一貫性が不十分なところが多く、運用には多くの混乱をもたらしています。また、プロジェクトにおけるBIMデータの管理では、専門家の力量に大きな格差がみられます。

そこで、bSJでは、bSI「プロフェッショナル認定制度」によるオープンBIMに基づくトレーニングと認定試験の実施を致します。これによってBIMの専門家の基準が明らかになり、プロジェクト関係者がBIMに関連する業務を依頼する場合の基準を提供できるものと考えています。

 

  • プロフェッショナル認定制度の実施状況

現在世界8カ国(オーストリア、中国、ドイツ、イタリア、ノルウェー、ロシア、スペイン、スイス)で実施され、90プロバイダー、約4000名の方々が認定者されています。

Professional認定リンク(bSI) : https://education.buildingsmart.org/registry/

  • プロバイダー認定

学習成果フレームワーク(LOF)に基づき、BIM知識のトレーニングを実施する教育機関や企業等がトレーニングプロバイダーとして認定されます。(認定の要件につきましては後日bSJホームページに発表いたします。)

  • プロバイダー登録費用

(一般)¥330,000
(bSJ会員企業・団体)¥264,000
※権利期間:2年間。3年目以降は、再度登録費用が必要です。

  • その他

制度及び手続等の詳細につきましては、後日bSJホームページに発表いたします。
またプロバイダーに応募を予定されておられる方は、事前にbSJ事務局あて、お問合せ下さい。

  • 問い合わせ先

一般社団法人buildingSMART Japan 事務局
Email:info@building-smart.or.jp
Phone:03-6869-7000

 

鉄建建設:配筋手順・3D動画で事前確認・ 手戻り防止に効果

By | 建設通信新聞 | No Comments

鉄建建設は、PCラーメン橋工事の配筋順序を3D動画で示すことで、鉄筋工が視覚的に配筋順序を確認できる「鉄筋組立ガイダンスシステム」を開発した。鉄筋組み立て作業に関わる品質トラブル防止や施工手戻りの削減に有効性を発揮することを確認した。
配筋検査に点群データ
 鉄筋コンクリート構造物の鉄筋出来形検査の効率化に向けた取り組みとして、エリジオン(浜松市、矢野裕司社長)の点群処理ソフト「InfiPoints」を活用した新たな配筋検査手法を導入した。

清水建設:3Dモデルと構造解析連携・プログラム開発1年後メド一般公開

By | 建設通信新聞 | No Comments

清水建設は、コンピュテーショナルデザインの社内プラットフォーム「Shimz DDE」の基盤となる3Dモデリングソフト「Rhinoceros」と、国内で広く活用されている構造解析ソフト「SNAP」がスムーズに連携できるプログラムを開発した。設計の上流段階から、コンピュテーショナルデザインと構造解析をシームレスに連携できるようになる。開発成果は、1年後をめどに一般公開する予定。

国交省:「インフラDXルーム」が開所・ 3次元データ活用し新技術普及促進・本省、整備局、研究機関を超高速通信で接続

By | 建設通信新聞 | No Comments

インフラ分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向け、国土交通省は推進体制を構築する。各地方整備局や国土技術政策総合研究所などの研究機関にBIM/CIM、ICTの研修・体験施設やDX実証フィールドを整備し、それぞれを超高速通信で接続。本省には施策の司令塔となるインフラDX総合推進室を4月から新設した。3次元データを活用した新技術の開発や導入促進が始動する。

日本ファブテック:鉄骨専用CAD「KAPシステム」・クラウドサービス開始

By | 建設通信新聞 | No Comments

【積算から現場管理まで関連業務を効率化】
 日本ファブテックは、建設会社や設計事務所、ファブリケーター、作図会社を対象に、クラウドを介して独自に開発した鉄骨専用のCADソフト「KAPシステム」を提供する新サービスをスタートさせる。「KAPクラウド」として今後、精力的にユーザーの獲得に取り組む。サービス提供を通じて、関連業務の一層の効率化を強力にサポートしていく方針だ。

竹中工務店:オープンBIM推進へ・ノルウェー レンドラ社と連携・共通データ環境構築

By | 建設通信新聞 | No Comments

【クラウド基盤を活用】
 竹中工務店は、特定のBIMソフトに依存しない「オープンBIM」(国際標準のIFC形式によるデータ共有)の推進に力を入れる。BIMデータをよりシームレスに活用する“共通データ環境”の構築へ、ノルウェーのRendra AS(レンドラ社)と連携して、同社が持つBIMクラウドプラットフォーム「Stream BIM」を用いた技術開発に乗り出す。 BIMを活用したワークフローの中に「Stream BIM」を組み込むことで、特定のBIMソフトに依存しない「オープンBIM」の考え方に沿って、建築主や設計者、協力会社などの各関係者がよりBIMデータを効果的に活用できる「共通データ環境」を構築することが狙い。

国交省:PFI事業にBIM試行・ 官庁営繕の生産性向上技術活用方針を公表

By | 建設通信新聞 | No Comments

国土交通省は8日、官庁営繕事業における2021年度の生産性向上技術の活用方針を公表した。BIM活用の試行は、21年度に発注するPFI事業で実施する。維持管理・運営を担う企業があらかじめ選定されるPFI事業で試行することで、設計、施工、維持管理までの一貫した活用効果を検証する。原則すべての工事で工事情報共有システム(ASP)を発注者指定で活用するほか、遠隔臨場の試行を拡大するなど、現場の効率化に向けた取り組みも加速する。 

鹿島、竹中工務店:タワリモを現場初適用・オペレーターの疲労軽減・清水加え3社連携で普及加速

By | 建設通信新聞 | No Comments

鹿島と竹中工務店は、アクティオ、カナモトと共同開発したタワークレーン遠隔操作システム「TawaRemo」(タワリモ)を都内で施工中の建築現場に初適用した。建設資材を揚重し、従来と同等の作業が可能で、オペレーターの疲労軽減などにつながることを確認した。8月には大阪市内の竹中工務店の現場にも適用する。今後は、清水建設を加えた3社の連携で普及・展開を加速させる。

国交省:建築BIM推進会議・BIMモデル事業の初年度成果を確認

By | 建設通信新聞 | No Comments

国土交通省は、官民で組織する建築BIM推進会議の第6回会合を開き、同会議が2019年度にまとめたBIM導入のガイドラインを実際の建築プロジェクトに活用し、そのメリットなどを検証するモデル事業の初年度成果を確認した。作業の効率化などで効果が見られた一方で、BIMを本格導入する上での課題が散見された。

パスコ:「CIM特設ページ」・インフラ分野の3Dデータ活用支援

By | 建設通信新聞 | No Comments

パスコは、ホームページ上に「CIM特設ページ」を開設した。河川、トンネル、道路、港湾、海岸、i-Conの6つの分野で構成し、各分野でのCIM活用を支援する最新の3次元計測技術と3次元データマネジメントサービスを、動画を交えて紹介している。