All Posts By

編集者bsj

国交省:ICTは4割増201件・BIM-CIMも大幅増・21年度港湾事業

By | 建設通信新聞 | No Comments

国土交通省は、港湾事業の2021年度のICT、BIM/CIMの活用状況をまとめた。ICT活用工事は前年度比39.5%増の201件、BIM/CIMは業務と工事の合計が196.0%増の151件に上った。ともに取り組み開始から右肩上がりで推移している。22年度は各種要領や事例集を整備し、活用のさらなる拡大を図る。

bSJ 設備環境小委員会 設備IFC活用セミナー

By | イベント, セミナー, 委員会, 未分類 | No Comments

IFCファイルから設備工事業向けの各種数量の算出方法について

BIMデータであるIFCファイルの属性情報から、設計・積算・施工の各段階で利用可能な各種の数量算出ができれば、見積はもとより、設備施工プロセスでの活用、ひいては設備工事分野のDX(デジタルトランス・フォーメーション)に寄与することができるのではないでしょうか。

bSJ設備環境小委員会の中の設備積算等IFCデータ抽出ツール作成ワークグループでは、このような観点から、2022年4月より14回に渡り数量算出の方法について検討してきました。

今回のセミナーでは、その検討結果を踏まえ、IFCファイルからの数量算出プロセスなど、適宜デモを交えながら、現時点での最新情報をご紹介させて頂きます。

<こんな方におすすめします!>

  • IFCファイルの具体的活用例を知りたい方(空調・衛生・電気・自動制御)
  • IFCファイルからの数量データ抽出に興味のある方
  • BIMを利用した設備積算に興味のある方
  • 数量集計ツールを開発したいと思う開発者(SIer、CADベンダー)の皆様

開催日時 2022年12月15日(木) 14:00~17:30(予定)
会 場 ンライン開催(ZOOM)
※本セミナーはオンライン配信のみ(会場開催なし)で実施いたします。
※お申込みいただいた後、開催1時間前までに視聴用URLとパスワードをお送りします。
対 象 設備BIMの可能性を追求し、業務適用をお考えの方
参加費 無料
主 催 一般社団法人buildingSMART Japan
後 援 公益社団法人 空気調和・衛生工学会一般社団法人 建築設備技術者協会
一般財団法人 建築保全センター合同会社 スパーポイントリサーチ
特定非営利活動法人(NPO) 設備システム研究会公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会
一般社団法人 日本空調衛生工事業協会公益社団法人 日本建築積算協会
BIMライブラリ技術研究組合公益社団法人 ロングライフビル推進協会

 

プログラム

 

14:00~14:05
  開会挨拶 一般社団法人buildingSMART Japan
設備環境小委員会委員長 谷内 秀敬
14:05~14:30
【講演】  国土交通省大臣官房官庁営繕部

整備課施設評価室
課長補佐  砂場 和久様

 14:30~
「IFCファイルの属性活用について」
  Session1 BIMについて-属性はどう活用できるか

プランアシスト株式会社 
高荒 洋介 
Session2 IFCファイルを覗いてみる
株式会社構造計画研究所 
浦 一馬 
Session3 IFCからの数量集計手法(ケーススタディ)
株式会社構造計画研究所 
木橋 正樹 
Session4 数量集計ソフトウェアの提案
設備積算IFC データ抽出ツール作成WG リーダー
東洋熱工業株式会社 辻谷 宣宏 
Session5 数量集計ソフトウェアの利用法

     ~専門工事業者の立場で

新菱冷熱工業株式会社 
角谷 祥太郎 

 

16:30~17:00
 

  質疑応答

 

17:00~
 

  閉会挨拶

 

 

お申込み

お預かりした個人情報は弊団体のプライバシーポリシーに基づき管理・運用されます。第三者に共有、販売、提供などは行なわれません。弊団体のサービスに関連するニュースやトレーニング、各種イベント・セミナーのご案内などをお送りさせていただく場合がございます。

一般社団法人buildingSMART Japan

お問合せ

お問い合わせは下記までお願いいたします。
buildingSMART Japan事務局:info@building-smart.or.jp

 

 

大和ハウスとオートデスク:DX加速へ戦略的提携・BIMデータ 意思決定に活用

By | 建設通信新聞 | No Comments

大和ハウス工業とオートデスクは、建設業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みをより加速させるため、新たな戦略的連携に関する覚書を交わした。2018年、20年に交わした覚書の第3弾に当たる。オートデスクと協力して、デジタル化を推し進め、設計・施工だけではなく、企画からアフターサービスまで一貫したプロセスの改革に取り組む

グラフィソフトジャパン:顧客が目指すゴールまで支援・BIMベンダーからソリューションプロバイダーへ

By | 建設通信新聞 | No Comments

グラフィソフトジャパンのトロム・ペーテル社長は、「BIMのベンダーから『BIMソリューションプロバイダー』へと生まれ変わる」と述べ、新たなビジネスの方向性を鮮明にした。BIMソフトの最新バージョン「Archicad26日本語版」の発表会での発言。ことしで本社のグラフィソフトが創業40周年を迎えたことを機に、日本法人でも「技術・製品に加えて、新しくBIMの使い方の部分を広げていくためのサービスを追加し、最終的には顧客が目指すゴールまで導く」考えを示した。

清水建設:廃炉エンジニアリング・BIMで合理的な解体計画立案・トータルコストを最小化

By | 建設通信新聞 | No Comments

清水建設は、BIMの機能を活用して、原子力発電所の廃止措置における廃炉エンジニアリング業務を代替する支援システム「Deco-BIM」を開発した。一連の業務の効率化やトータルコストの削減など、より合理的な解体計画の立案に役立つ。電力事業者に対する提案力を高めることで、廃止措置の計画・検討段階からのプロジェクトへの参画を目指す。

国交省産学官会議:BIMの将来像と工程表・モデル事業の成果踏まえ・2022年度末に改訂

By | 建設通信新聞 | No Comments

国土交通省や関係団体、学識経験者など産学官で構成する建築BIM推進会議は、2022年度末に「建築BIMの将来像と工程表」を改訂する。19年の発行から3年が経過し、活用状況や技術開発、周辺環境が変化しているため、国交省が20年度から実施しているモデル事業の成果を踏まえ、BIMの普及に向けた具体のロードマップなどを見直す。

大林組と建技、八千代エンジ:BIM-CIM配筋モデルを自動生成・作成時間10分の1以下に短縮

By | 建設通信新聞 | No Comments

大林組と建設技術研究所、八千代エンジニヤリングは、ボックスカルバートのBIM/CIM配筋モデルの自動生成ツールを共同で開発した。鉄筋径やかぶりなどのモデル化に必要な最低限のパラメータ入力で構造物と配筋のBIM/CIMモデルを自動生成する。3次元CADを操作することなく配筋モデルを作成できるた

大成建設:3D情報で一元管理・土壌汚染調査・対策

By | 建設通信新聞 | No Comments

大成建設は、独自の土壌汚染調査・対策業務支援システム「T-CIM/SoilReme」の機能を拡張した。新たに対象地域の汚染状況から対策工事の進捗(出来形管理)、地下水モニタリングに至るまで、汚染土壌のトレーサビリティーを確保しながら、3次元情報によって一元的に管理・共有できるように改良。システム全体としての機能を高度化させた。
討する。

国交省:2023年度原則適用のBIM-CIM・5課題を集中検討・2022内解決へ・後工程への確実な情報伝達など

By | 建設通信新聞 | No Comments

 国土交通省が事務局を担当するBIM/CIM推進委員会は、小規模を除く全ての詳細設計と工事で国交省が2023年度から原則適用するBIM/CIMについて、未経験の小規模事業者が抵抗なく活用できるように課題となっている5項目を集中的に検討し、22年内に解決を目指すことを決めた。後工程へ情報が確実かつ効率的に引き継がれる格納形式や仕組みを重点的に検討する。