All Posts By

編集者bsj

国交省:BIM-CIM活用事例集・施工管理の効率化など紹介

By | 建設通信新聞 | No Comments

国土交通省は、同省や各団体がまとめているBIM/CIMの関連情報を総覧できる「BIM/CIMポータルサイト(試行版)」に、BIM/CIM活用事業の事例集を掲載した。BIM/CIM導入の効果と課題を実際の事例を使って解説するもので、官房技術調査課によると「国交省として初めての事例集」となっている。実事例に基づいて効果を示すことで、受発注者双方の活用拡大につなげる狙いだ。

川田テクノと綜合システム:提携・土木でBIM-CIM推進・3D設計の共創目指す

By | 業界ニュース | No Comments

川田テクノシステム(東京都北区)と綜合システム(大阪市)は、土木構造物設計の3次元シミュレーション分野で業務提携した。土木設計分野におけるBIM/CIMを推進するため、包括的に事業協力する。初弾として、3次元設計CAD『V-nasClair』の土木構造分野を強化する『BOXカルバートの設計for V-nasClair』を綜合システムが開発する。
設計段階の3次元データ自動生成に強みのある川田テクノシステムの『V-nasClair』に、土木設計計算分野で高い実績を持つ綜合システムのコア技術を融合することで、より設計者が使いやすい3次元設計システムの共創を目指す。

日特建設:のり面工事でICT技術本格展開・ドローン使い3Dモデル

By | 建設通信新聞 | No Comments

【技術者が操縦する体制整備】
日特建設は、のり面工事でのICT技術を本格展開する。ドローンで取得したのり面の3次元点群データをもとに起工測量や出来形管理、検査、図面作成などが可能な技術が実用レベルに達したため、4月から社内での研修を始めた。自社技術者がドローンを使って自ら出来形管理や検査を実施する体制を整える。技術者・技能者がのり面にぶら下がって実施していた検査などでの負担の大幅軽減と、安全性の向上を目指す。

NTTコムウェア:画像認識のAI領域・工事検査にまで拡大・初弾、清水とガス圧接継手

By | 建設通信新聞 | No Comments

NTTコムウェアは、インフラ点検業務などに導入してきた画像認識AI(人工知能)「Deeptector」の活用領域を工事検査にまで拡大する。初弾として、清水建設と共同でガス圧接継手の検査業務効率化に導入する。2020年1月から同3月まで現場トライアルを進め、同年前半中には研修用ツールとして実運用し、そのほかの工事検査項目での適用拡大に向けた検証も進める。

長谷工:設備と構造・BIMソフトで連携・生産性、さらに向上

By | 建設通信新聞 | No Comments

長谷工コーポレーションは、NYKシステムズが販売する建築設備専用BIMソフト「Rebro(レブロ)」の新機能開発に協力し、「長谷工版BIM」とのデータ連携による業務効率化を推進している。スリーブの3次元データや位置・用途・材質などさまざまな情報を相互に連携させることで、設備と構造の担当者間の情報伝達精度の向上や、より効率的な設備設計業務の遂行を可能とする。

SB C&Sホロラボ:BIMデータ可視化ソフト・iPad対応版を販売

By | 業界ニュース | No Comments

ソフトバンクグループの「SB C&S」とホロラボ(東京都品川区、中村薫代表取締役CEO)は、3DCADやBIMで作成した設計データを自動でAR(拡張現実)/MR(複合現実)に変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace」(ミクスペース)のiPad対応版を12月3日から販売する。

TTK、サン電子、NTTコムウェアら:5Gによるドローン・AR活用・ビル外壁を遠隔点検

By | 建設通信新聞 | No Comments

【熟練作業員の不足解消】
TTK、サン電子、NTTコムウェア、スプラッシュトップ、NTTドコモ東北支社は、5G(第5世代移動通信システム)によるドローン・AR(拡張現実)スマートグラスを使った遠隔ビル外壁点検の実証実験に成功した。熟練の点検作業員が現場に行く移動時間を削減できるほか、熟練者が複数の現場を並行して対応できるようになる。

国交省:港湾ICT導入検討委・要領改定・策定で方向性・本体工は20年度モデル工事

By | 建設通信新聞 | No Comments

国土交通省は15日、第8回港湾におけるICT導入検討委員会(委員長・岩波光保東工大教授)を開き、ICT活用拡大方針に基づいて今年度に実施している取り組みの状況を踏まえ、来年度に改定・策定する各種要領などの検討の方向性を提示した。ICT浚渫工とBIM/CIM活用事業に関する各要領をアップデートするほか、昨年度から継続して検討してるICT基礎工、ICTブロック据付工の要領を策定する。ICT本体工は2020年度のモデル工事実施に向け、ケーソンの自動据付技術の標準仕様を検討する。

2019年12月17日開催 BIM/CIM講演会(仙台)のご案内

By | セミナー

BIM/CIM講演会 2019(仙台)のご案内

BIM/CIM講演会(仙台)を開催します。
ご多用のことと存じますが、ぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。

 
開催日時 2019年12月17日(火) 13:00 ~ 16:45
会 場 せんだいメディアテーク7F スタジオシアター
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
定 員 180名
参加費 無料
申込み受付 2019 年 11 月 15 日~ 12 月 17 日 (定員まで受付・キャンセルによる受付再開あり)
主 催 一般社団法人buildingSMART Japan 土木委員会 技術普及小委員会
共 催 公益社団法人 土木学会 土木情報学委員会 施工情報自動処理研究小委員会
後 援 国土交通省、
一般財団法人日本建設情報総合センター、一般財団法人先端建設技術センター、
一般財団法人 港湾空港総合技術センター、公益財団法人日本建設情報技術センター、
一般社団法人日本建設機械施工協会、一般社団法人建設コンサルタンツ協会、
一般社団法人日本建設業連合会、一般社団法人全国建設業協会、一般社団法人 OCF 、
一般社団法人 Civil ユーザ会、 NPO 法人グリーンアース
協 賛 【ゴールド】オートデスク株式会社 ダッソーシステムズ株式会社 株式会社フォーラムエイト
【シルバー】応用技術株式会社 株式会社建設システム 福井コンピュータ株式会社
【ブロンズ】SB C&S 株式会社 大塚商会株式会社 東電設計株式会社
BIM/CIM講演会 2019 開催 日程:
8/7 東京第一回、 10/11 大阪、 10/23 札幌、 11/19 福岡、 12/17 仙台 せんだいメディアテーク 、1/15 東京第二回 (文京シビックセンター)

プログラム

 

13:00~ 開会挨拶・buildingSMART Japan /土木学会の取組み
buildingSMART Japan 土木委員会 技術普及小委員会/土木学会 土木情報学委員会 施工情報自動処理研究小委員会 委員長 石田 仁
13:10~ 協賛企業による最新情報提供
株式会社オートデスク・応用技術株式会社・株式会社建設システム
13:55~ 国土交通省におけるBIM/CIM の活用に向けた取組
国土交通省
14:45~ 休憩
14:55~ BIM/CIM事例
大日本コンサルタント株式会社 インフラ技術研究所 事業開発部 ICTソリューション室
浅野善昭 様
15:40~ i-Construction事例
株式会社FCコネクト 代表取締役 福士幹雄 様
16:25~ BIM/CIM個別課題解決アイデアソン状況報告
buildingSMART Japan土木委員会 技術普及小委員会 石田 仁
16:35~ 施工情報自動処理研究小委員会の取組み~AI の活用~・閉会挨拶
土木学会 土木情報学委員会 施工情報自動処理研究小委員会 委員長 石田 仁
16:45 終了

土木学会認定プログラム(予定)

申込み方法

 

 こちらの URL から事前登録をお願いします。この際、事前アンケートへのご協力をお願いいたします。会場の都合上お申込み人数が多い場合、当日受付は行わない可能性がありますので、ご了承下さい。
 https://www.event-form.jp/event/6348/g8bWXPx4   → 右のQRコードからも申込みページを開くことが出来ます。

 登録が完了しますと、10分以内に参加者様それぞれ個別の「受付QRコード」が付いた「申込み完了メール」が送信されます。メールの送信元は send@event-form.jp です。あらかじめ、こちらのメールが受信可能な設定をお願いします。入力されたアドレスに誤りがある場合や、メールの受信拒否をされている場合、「申込み完了メール」は届きません。ご確認をお願いします。また、メールが届かない場合、念のため迷惑メールフォルダもご確認下さい。

BIM/CIM個別課題解決アイデアソン

 

Webで開催中のBIM/CIM個別課題解決アイデアソン(https://bimcim.org/195/)にもぜひご参加下さい。BIM/CIMの取組みの中で、ひとりひとりが抱える課題を共有し、解決方法を考えます。講演会方式ではカバーできない個別の課題に注目します。

■参加方法(1) ~困っていることを書く~
BIM/CIM困りごと相談 →https://pro.form-mailer.jp/fms/17272737174054

■参加方法(2) ~意見・アドバイス・コメントの記入や追記~
意見記入 → https://pro.form-mailer.jp/fms/7dcdc1dd180814

当日の受付方法(セルフ方式)

 

 受付は備え付けのスマートフォンにて 、 申込時に発行された「受付QR コード 」 を 読み取って頂きます。受付をされない場合、後日の資料の配布やCPD 登録等に支障が 生じる場合がございますので、必ず行って下さい。
 なお、管理上、途中退出については受付にお声がけ下さい。

事後アンケート

 

本講演会の受講者アンケートにご協力をお願いいたします。
当日、講演会開始時からご記入できます。
https://pro.form-mailer.jp/fms/abd9d74a180632    →  右のQRコードをご利用頂けます

問合せ先

一般社団法人 buildingSMART Japan BIM/CIM 講演会 事務局
専用メールアドレス:bimcim.kouen@building smart.or.jp

大成建設:リニューアル需要に布石・パノラマ技術で新サービス・高精細な3Dモデル蓄積

By | 建設通信新聞 | No Comments

大成建設は近年、注目を集めている「パノラマ技術」を活用した新サービスの提供に乗り出す。市販の赤外線スキャンカメラ(3次元)とクラウドでの画像合成(4K画像)によって、建築物の内部空間を「4K×3D」の高精細な画像データ(3次元モデル)として保存。その画像データを効果的に用いることで、今後の増大が見込まれるリニューアル需要に備えていく。